明石市で薬剤師として働く!明石市の歴史・特徴と薬剤師の求人傾向

薬剤師1

兵庫県南部、明石海峡に面する明石市は約30万人が暮らす中核市です。淡路島や四国との海上交通の拠点を担っていて、源氏物語の舞台となった事で知られています。近年は、交通アクセスの良さから神戸や大阪のベッドタウンとして需要が増えています。

今回は、明石市の歴史・特徴と一緒に明石市の薬剤師の求人の傾向を紹介します。

豊前市で求人を探そうとしている薬剤師が理解しておくべきポイント

明石市の歴史

明石市の誕生は意外と最近で1919年(大正8年)の11月1日でした。兵庫県内で4番目、全国では81番目の市として誕生し、当初の人口は約3万2000人でした。

明治の終わり頃から明石市の前身となる明石町は市制に向けて動いていましたが、教育環境や下水道の整備が行われていない等、市として認められるための条件を満たしていませんでした。しかし、徐々に人口を増やし経済面や産業面が発達した事により、他の市と遜色ないと認められ市になりました。

昭和に入ると近隣の林崎町や大久保町と合併して面積を大きくしたり人口を増やしてさらに成長をしていきました。また、昭和中期に複数回、隣接する神戸市から合併の申し入れがありましたが、住民投票により回避しているという歴史もあります。

明石市は晴れが多く温暖な気候が特徴

明石市は、最低気温が0℃前後、最高気温が35℃前後と一年を通して温暖な気候となっている地域です。

年間の日照時間が2000時間を超えていて、県内で2番目に晴れの日が多いといった特徴が挙げられます。

さらに、年間降水量も1000mm程度と雨も少ないので快適に暮らせます。

明石市の薬剤師の需要

明石市は、隣接する神戸市や大阪府のベッドタウンとしての需要が年々増えている地域です。平成25年までは徐々に人口が減っていましたが、平成25年からは増加に転じています。市内の人口が増えた事から市全体の医療の需要も増加し、医師や看護師だけではなく薬剤師の需要も増えています。

明石市の薬剤師は働き方が選べる

薬剤師の需要が増えている明石市では、正社員ではなくパート・アルバイトや契約社員の薬剤師の求人も多くあります。勤務先も病院だけではなく、調剤薬局やドラッグストア等、多岐にわたります。雇用形態や職場の選択肢が多い事から、正社員としてガッツリ働いて稼ぐ、子供が学校に行っている時間だけ働く等、ライフスタイルに合わせた様々な働き方が出来るといった魅力があります。

明石市の薬剤師の給与は全国平均と同等

薬剤師として働く際に気になるのが給与だと思います。明石市の近隣地域の薬剤師の給与の方が高ければ遠くてもそちらを選びたいという人も多くいます。働く職場や企業、雇用形態によって給与にバラツキはありますが、明石市の薬剤師の給与は全国平均と同等です。

正社員の場合は年収が400~600万円、パート・アルバイト・契約社員は時給が1800~2500円前後となっています。

明石市の一般的な正社員やパート・アルバイトと比較するとかなり給与が高い仕事なので、短時間のみでもしっかりと稼げるお仕事だと言えます。

薬剤師として働く場合の待遇とは?

給与の次に気になるのが待遇です。どれだけ給与が高くても休みが少なかったり福利厚生がしっかりしていないと意味がありません。明石市で正社員の薬剤師の求人で多く見かけるのが、賞与年2回・昇給年1回、交通費全額支給、社会保険完備です。

休みに関しては、働く職場・企業で異なりますが、週休2日制が多い傾向があります。また、夏季休暇や年末年始休暇の有無にバラツキがあるので、求人情報を見比べる際には見落とさないようにしてください。パート・アルバイトの薬剤師の求人は、賞与はありませんが長く働く事で昇給する求人も多少存在します。

週の最低出勤日数が決められている求人がほとんどで、週3日前後の勤務が求められます。パート・アルバイトは正社員と異なり、休み希望が通りやすかったり事前に相談する事で長期休暇を取得する事も可能です。また、雇用形態を問わず、駅から離れている職場の場合は、車通勤が可能となっている求人がほとんどです。

一方、駅チカや繁華街の近くにある求人は電車通勤のみとなっているので注意してください。

明石市で薬剤師として働くメリットとは?

明石市で薬剤師として働くメリットとして「キャリアアップのしやすさ」が挙げられます。

結婚・出産等、様々な理由からブランクがあり不安がある方でも、雇用形態を選んで働ける明石市の薬剤師求人なら、パート・アルバイトで実績を積んだり勘を取り戻してから、契約社員や正社員に挑戦する事が可能です。

さらに、契約社員や正社員の給与や待遇に不満を感じた場合でも、求人数が多いので現在働いている病院・企業より条件の良い職場を見付けて転職しやすくなっています。また、明石市内には薬剤師の転職を得意とする転職コンサルタントも多くいます。

自分1人では条件に合う転職先を見付ける自信がない等の不安を感じている場合でも、転職コンサルタントを活用する事で、薬剤師としてより輝ける職場を簡単に見付けられます。

近隣地域で働く予定でも明石市で暮らした方が良い理由とは?

薬剤師として働くメリットが豊富にある明石市ですが、暮らすだけで得られるメリットも数多く存在します。明石市は、子育てのしやすい環境が揃っている事で有名な市でもあります。第二子以降の保険料と中学3年生までの子供の医療費が完全無料です。

子供が体調を崩したのに仕事が休めないといった緊急事態に子供を預かってくれる施設があったり、夜間・休日応急診療所もあります。さらに、明石市では待機児童0を目標に保育園や認定こども園を新設・増設しています。

独身の方だけではなく、結婚・出産を控えている夫婦や小さい子供がいる方でも安心して働ける環境が揃っている事から明石市への引っ越しを検討している方が増えています。また、明石市は交通アクセスの良い市でもあり、複数の路線が市内を通っていて新快速や特急の停車駅も多くあります。

神戸市・姫路市・大阪府といった近隣の主要都市に時間をかける事なく行き来出来ます。抜群のアクセス環境で、市外に通勤する事になっても負担がかかりにくいといった点も明石市が人気となっている理由の1つです。

働きやすい環境が揃った明石市は薬剤師が活躍しやすい市でもある

薬剤師7

職業に関係なく、働きやすい環境が整えられている明石市は年々人口が増加しています。人口が増えた事から病院・薬局が多くなり薬剤師の需要も増えました。雇用形態や職場等、細かな条件から自分に合った職場を見付けやすくなっています。

また、キャリアアップを目指しやすい環境も揃っているので長期間薬剤師として現場で活躍する事も可能です。

参考…薬剤師転職|薬剤師の求人・転職募集ならアポプラス薬剤師 | パート・派遣応募